貯金が安定したから投資でもやってみようと思う方もいるかと思います。近年アベノミクスの影響もあって株価はかなり上昇し、その影響もあるかと思います。でも実際に投資をするのは勇気がいる・・・という方は一度投資信託にお任せしてみてはいかがでしょう。

テラモーターズや日本ペイントの投資について

テラモーターズは、2010年4月に設立された電動バイクや電動三輪、電動シニアカーの開発・設計・販売まで行なう企業です。最近設立されたベンチャー企業の一つで、将来はガソリンによる駆動から電動による駆動へ移行するのを見越して、注目されている企業です。

ただ現在、テラモーターズ自体は上場しておらず、株式などで投資する環境が揃っていない実情があります。主要株主には、名だたる上場企業の元社長や会長クラスの方となっているため、今後、上場する機会があれば必ず注目される銘柄の一つとなります。なお電動バイクの需要では、日本のみならずベトナム・フィリピン・インドなど地域で盛んとなり、海外拠点や工場なども東南アジア中心に積極的に進出し展開しています。

一方、日本ペイントは自動車や建築などに使われる塗料を製造・販売している企業で、前身は明治期の船体塗料を納入していたことに端を発します。現在は、日本ペイントは東証にも上場している企業でもあるため、株式市場で株式で投資を行なうことも可能です。

最近はテラモーターズと同じ様に、東南アジア向けの需要が多く、海外進出も積極的に行なっている企業です。日本ペイントは塗料メーカーとして日本では首位級の企業となるため、株価も高いです。

また素材メーカーなどで建築や自動車などの塗料で積極的に関わることが多いので、そういった建築や自動車の需要が伸びればそれに比例して伸びる特徴があります。その他に石油価格の高騰の影響を受けたり、近年目覚しい東南アジアの動向を直に受けたりするとそれが株価に反映されます。

産業の基幹に関連している面と日本でのオリンピックの開催のインフラ整備などで需要が増し、積極的に日本ペイントに投資を行なうことは期待が持てる可能性もあります。